『こまち』をつくろう!②

IMG_4772.JPG

聖園幼稚園を走る秋田新幹線『こまち』に、連結車両『はやぶさ』がつながりました。連結車両も出来たことで、子どもたちがイメージしたり調べたりしながら作ってきた秋田新幹線はようやく完成となったようです。
今日も沢山のお客さんを乗せて走ります。

IMG_4765.JPG
時に、車両は離れ廊下を滑走します。お客さんを迎えに行くこともあります!

IMG_4747.JPG

IMG_4760.JPG

9月の始めに段ボールを使って新幹線作りが始まり、それはそれは大切に作り続けてきた子どもたち。この日だけで終わるのではなく、新幹線はずっとそこにあって、子どもたちがいつでも遊べる環境となっていました。

幼稚園では、子どもたちのやりたい気持ち、興味関心を持つことを大切にしています。
IMG_4740.JPG

かみさまのおはなし(9/27)

今日の宗話は、「聖書は、神さまからみんなに贈られたお手紙です。」というお話から始まりました。そして、聖書の中のいちばん始めの「天地創造」の物語を聞きました。

神さまは、混沌とした何もないところに、光と闇を造られました。それから、水と天、陸と植物、太陽と月と星、魚と鳥、獣と人間...を6日間でお造りになり、7日目はお仕事を終えられて休まれました。
...天地創造の物語から、私たち人間も含めてこの世界は、神さまが愛を持って心を込めて造られた素晴らしいものであるということを学びました。

P1050609.JPG

さて、宗話の終わりに、Q&Aタイムもありました。みんな元気よく神父様からの質問に答えていましたよ‼

Q1.神さまは何日かけて世界を造ったでしょう?
Q2.神さまが7日目になさったことは何でしょう?
Q3.人間が造られたのは、何日目でしょう?
  
A1.神さまは世界を6日かけてお造りになりました。
A2.神さまは7日目に休まれました。7日目の日曜日を、聖なる日・太陽の日ということもあります。神さまが休まれた日なので、皆も安息日として休んで6日間のことを振り返ることが勧められています。
A3.人間は6日目に造られました。初めに造られた人間を、神さまはアダム(土)とエヴァ(命)と名付けました。

天地創造 藤城清治.JPEG
『天地創造 藤城清治』(日本基督教団出版局)より

神さまの造られた世界、そしてお友だちを大切にできる私たちになれますように♰


   

絵の具ぬたくり遊び(年少組)

絵の具でぬたくり遊びをしました。 白い大きな模造紙にトロ~リと絵の具を注いで、手の平で伸ばしていきます。
IMG_4450.JPG

「くんくん...においはどうかな?」「いちごのにおい?」「りんごのにおい?」
IMG_4451.JPG

「気持ちいいね!」「ぬるっとする~!」「ぺたぺた、ぐ~ん‼」...など、あちこちから歓声が聞こえてきました。 白い模造紙はみるみるうちに、赤色・黄色に染まります。
IMG_4472.JPG

途中で、場所を交代して、赤色に黄色を、黄色に赤色をのせると...輝くお日さまのような橙色に‼
IMG_4462.JPG

IMG_4479.JPG

さて、この素敵な色紙で何を作りましょう?
続きが楽しみですね。

IMG_4474.JPG

今日もみんなの笑顔が弾けます!

YOU ARE SPECIAL! かみさまのおはなし(9/20)

今日の宗話は、絵本『たいせつなきみ』(いのちのことば社)を読んでいただきました。小さな、木のこびとの物語です。
...まわりの人から「だめじるし」を沢山つけられて、傷ついていた小人のウィミックスは、ある日造り主のエリに会いに行きました。エリは「わたしには、おまえがとても、たいせつなんだよ。」と語りかけます...

物語を通して、子どもたちひとり一人が、自分が愛されているかけがえのない大切な存在であることを伝えていただきました。
YOU ARE SPECIAL‼

P1050551.JPG

P1050561.JPG

*聖書の一番初めに、このように書かれています。
「神はお造りになった すべてのものをご覧になった。見よ、それは極めて良かった。=創世記1;31=」

アロハ~♪

新聞紙で作ったフリフリの衣装を身に付けて、軽やかなステップを踏む子どもたち。手の動きもなかなかさまになっています。
IMG_4698.JPG
リクエストを受けて音楽も流してみました...ミュージックスタート♪
IMG_4693.JPG
お外遊びの時間には、手作りのマラカスを手にリズムをとって踊っている子もいました。
みんな気分はハワイアン⁉
IMG_4718.JPG
「アロハ~♪」
心の歌が聞こえてくるようですね。


IMG_4873.JPG
IMG_4871.JPG
手作りのマラカスは、かけっこの応援でも大活躍でしたよ。

かみさまのおはなし(9/13)

2学期始めの宗話の時間は、マザーテレサの絵本を読んでいただきました。

貧困や病に苦しむ人々の救済に生涯をささげ、ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサ。
貧民街に学校を建てたり、路上で死にそうになっている人を連れてきて、最期をみとるための施設「死を待つ人々の家」を開設したり、孤児のための施設「聖なる子供の家」を開設するなど、貧しい人々のために愛をささげました。そんなマザーテレサの生涯を描いた絵本を見て、絵本の中の優しい眼差し優しい心に引き込まれるように、みんなお話に聞き入っていました。

P1050510.JPG
イエス様は「隣人を自分のように愛しなさい」と言われました。
神様から愛されているかけがえのない人として、互いに大切にしあえるように...そして愛に満ちた優しい笑顔が増えるといいですね。

...「みんなは、 おともだちが ないていたら どうしますか。きっと、「どうしたの」と こえを かけてあげるでしょう。みんなのなかにも、テレサとおなじ やさしいこころが あるのです。みんなは とても やさしいこども。さあ、テレサといっしょに、こまっているひとを たすけにでかけましょう。」...
『みんなのやさしい おかあさん』(至光社)より

*1981年に訪日された時には、東京カテドラル聖マリア大聖堂で「マザーと共にささげるミサ」がおこなわれました。


『こまち』をつくろう!

年中組のお部屋の前にとても魅力的なものがあります。
電車好きのお友達が「こういうのつくりたい!」と発信して作り始めた、新幹線『こまち』。
周りの皆も気になって次々と乗り込んできますが、「出来上がるまで待ってて‼」と必死に声を掛けます。大切な『こまち』をイメージ通りに仕上げたい...という一生懸命な気持ちが伝わってきます。

IMG_4585.JPG

IMG_4588.JPG

車体を作るときには大人がヒントを出しながら一緒に、その後は子どもが自ら描いたスケッチブックの絵を見ながら、皆で力を合わせて作っていきました。

IMG_4584.JPG

IMG_4599.JPG

IMG_4637.JPG

図鑑やインターネットで、実際の『こまち』の写真を見ながら「ここはこの色がいい...」「ここはもっとこうしたい...」という声を大事に聞き取り、イメージしていることを確かめながら作り進めています。

IMG_4645.JPG
「しゅっぱつしんこう‼」と、運転手さんになってポーズを決める子どもたち。
もうすぐ完成かな?


新聞紙遊び(年少組)

みんなでホールに集まって新聞紙遊びをしました。
始めに「はんぶんこ、はんぶんこ。」と言いながら小さく折りたたんで、そぉ~っと開いたり、「クシュクシュ~」っと小さく丸めて、またそぉ~っと開いたりしました。

IMG_4232.JPG
新聞紙のキャッチボールをしたり...

IMG_4236.JPG
お布団にしてお昼寝をしたり。

IMG_4244.JPG
そして...
ビリビリビリ~っと裂いて、投げて、キャッチ‼

IMG_4271.JPG

IMG_4269.JPG
身近な新聞紙を使って、色々な遊びを楽しみました。
伸び伸びと過ごし、心も体も解放される楽しいひとときでした。

色水あそび

今、幼稚園の花壇ではオシロイバナが鮮やかなピンク色の花を咲かせています。
咲き終わってしぼんだ花を、ビニール袋や器に集めて水を注ぎ、色水遊びを楽しんでいる子どもたち。

IMG_4691.JPG
お姉さんたちが作っている色水を見て、年少組の子どもたちも集まってきました。

IMG_4195.JPG
「やってみたい!」「欲しい~‼」

IMG_4198.JPG
指先で花びらをこすって...段々と色が変わってきましたね。
「もっと!」「もっとピンクいろ‼」と、ピョンピョン跳ねながら一生懸命に器を振るお友達もいましたよ。

IMG_4206.JPG
オシロイバナのジュース屋さんが出来そうですね。
また作ろうね。

防災訓練

2学期が始まりました。早速、防災訓練を実施しました。今回は、地震を想定し、あらかじめ決まっている避難場所まで、引き取りに来ていただく訓練も行いました。
一斉メールの受信後、各々の通常通園ルート(公共交通機関等を利用)での引き取り訓練です。始業日には、保護者に「災害用伝言ダイヤル171」の使用体験を行いました。
P1050487.JPG

P1050489.JPG

P1050493.JPG


大きな芋虫

トマトに大きな芋虫が住み着いています。黄色で模様も綺麗で、10cm以上はあります。調べてみるとクロメンガタスズメの幼虫だとわかりました。毎日見ていても、なんだか大きさが変わっていくようです。もちろんトマトの葉っぱが減っているので食べていることがわかります。クロメンガタスズメの記述を見ると、2007年に関東地方で確認されたとのこと。その前にはもっと南にしか住んでいなかったということです。間もなく夏休みになってしまうので、子供たちは蛹になったり蛾になったりする様子は直接は見ることができません。教員で記録を残したいと思っています。P1050373.JPGP1050371.JPG

おもちゃを洗いました

学期末の大掃除に先立って、年長組の子どもたちが砂場のおもちゃを洗いました。
手の平や指先で、ゴシゴシと擦るように...と、上手に洗うコツをみんなで確認してから始めました。

IMG_4586.JPG

1学期の間、みんなで使ったおもちゃ。「ありがとう」の気持ちで、心を込めて洗います。

IMG_4592.JPG

IMG_4591.JPG

IMG_4597.JPG

細かなところは、藤棚の枝を使って汚れを落としました。グッドアイディア‼
終わりには、みんなで力を合わせて、たらいの水を運んでザザザザ~っと流しました。さすが年長組の子どもたち...力持ちですね‼

IMG_4601.JPG

IMG_4599.JPG

ピカピカになりましたね☆

道路工事⁉(工作あそび)

年中組の様子です。
登園して身支度を済ませた子が、「昨日の続きしようよ~!」と言いながら、テーブルに一人また一人...と集まってきました。
テーブルには色画用紙で作った道路、そこにおもちゃの車を走らせています。

IMG_4410.JPG

今日は、更に工夫を凝らして、「道路には電柱があるよ。」「電柱には電線があるよね。」...と言いながら、ちょうど良い材料を探して、並べて取り付けていきました。

IMG_4416.JPG

ビニールテープの芯とペットボトルのキャップで、信号機を作っています。

IMG_4422.JPG

「標識があると安全だよね。」「プチプチは凸凹してるから、でこぼこ道にしようよ!」「坂道も作りたいな~。」と、次々とイメージが湧いてきて...

IMG_4418.JPG

IMG_4451.JPG

段々と賑やかな街に..なってきました。
道路工事、街づくり...。ストーリーは、これからどんな風に展開していくのでしょう?
楽しみですね。

どうぶつえんにいこうよ‼(表現遊び)

年少組のお部屋から、ピアノの音と子どもたちの歓声が聞こえてきます♪
今日は電車に乗ってお出掛けのようです。運転手さんがたくさんいますね。
「いってきま~す!」「しゅっぱつしんこう‼」

IMG_4393.JPG

はじめに着いたのは動物園。
耳の長いうさぎさん、鼻の長~いぞうさん、お口の大きなワニさん...いろいろ。子どもたちはそれぞれの動物になりきって自由な表現を楽しみました。

IMG_4400.JPG

IMG_4397.JPG

...その後も「水族館に行きたい!」「お化け屋敷がいい!」「ディズニーランド...」と、次々と子どもたちからのリクエストが出てくるので、何度も何度も電車に乗ってはお出掛けを楽しみました。

さて、2日目になると更にバージョンアップ。手作りの双眼鏡や虫めがね等を持って虫探しへ...。年中組のお姉さんが虫の役になって、一緒に遊んでくれたことで大いに盛り上がりました。

IMG_4468.JPG

IMG_4403.JPG

IMG_4415.JPG

酷暑が続くため、しばらく戸外遊びをお休みしていますが、毎日のように表現遊びを楽しみ、みんな伸び伸びと遊んでいます。今では子どもたち自ら、電車に見立てて椅子をたくさん並べて遊び始めるようになりました。友だちと同じ空間で、ひとつのストーリーの中で、一緒に遊ぶ楽しさを存分に味わえるようになってきた年少組さんです。

プール開き

待ちに待ったプール遊びが始まりました。
プール開きの今日は、夏の間みんなが安全に楽しく遊べるように、神父様にお水の祝福をしていただきました。

P1050248.JPG

さて、いよいよ入水‼
水しぶき、歓声、そしてニコニコ笑顔...夏らしい光景‼

P1050261.JPG

P1050252.JPG

P1050251.JPG

「いいなぁ。」「わたしもはいりた~い!」...と、年少組のお友だちの声が聞こえてきました。お兄さん・お姉さんたち、楽しそうですね。
年少組は明日からプール遊びを行います。

=神父様のお話(祈り)より=
...今日、わたしたちはプール開きを行います。皆が事故や怪我にあうことなく、いつも安全に仲良くプールに入ることが出来るようにお祈りします。水はわたしたちの渇きを潤し、汚れから清め、命を支えるためになくてはならないものです。プールを使うたびに、この水のようにわたしたちも清い心・優しい心・神さまからいただいた自然の美しさを守っていくことが出来ますように♰

ロザリオを作りました

P1050146.JPG

年長組の様子です。
5月半ばくらいから準備を始め、自分のロザリオを作りました。
まずは、お買い物。

IMG_4260.JPG

グループの代表の子が、教会構内の売店(セント・ポール)に、ロザリオの真ん中に付ける御メダイと十字架を買いに行きました。
お財布をしっかりと握りしめて...はじめてのおつかい?!

IMG_4270.JPG

P1050045.JPG

大きめなビーズには色を塗って(ここは「主の祈り」を唱えるところです。)、小さなウッドビーズ10個、大きめなビーズ1個、それから...と順に糸を通していきました。

IMG_4322.JPG

IMG_4324.JPG

P1050142.JPG

P1050140.JPG

細かい作業なので、みんな真剣そのものです。

P1050148.JPG

そして、完成‼

...毎日、降園前のひとときに、自分のロザリオを手に皆で声を合わせて「アヴェ・マリアの祈り」を唱えています。毎日続けていくことで、マリア様の存在が子どもたち一人ひとりにより近くになったように思います。

*ロザリオの祈りとは、カトリック教会における伝統的な祈りで、「アヴェ・マリアの祈り」を唱えながら福音書の中に記されているキリストの主な出来事を黙想していくお祈りです。繋いだ珠に触れて辿り祈りを重ねていきます。
P1050223.JPG

魔法の新聞紙

年中組のお友達が「トンネルを作ったからお部屋に遊びに来て!」と誘いに来てくれました。
トンネルをくぐると~...そこは、しらゆり組‼

IMG_4299.JPG

新聞紙や広告紙が、色々なものに変身していました。魔法の新聞紙⁉

IMG_4312.JPG

ホウキ、ちりとり(お掃除の手つきもなかなかです...)。

IMG_4323.JPG

空飛ぶステッキ‼

IMG_4288.JPG

メガホン?

IMG_4319.JPG

IMG_4291.JPG

子どもたちのイメージの世界は無限ですね。
雨の日も、お部屋でいろいろなイメージを持ちながら遊びを創っていく子どもたちです。

梅雨の晴れ間に...

朝、「ねぇ、きてきて!キュウリがおおきくなってるよ~‼」と、年長組のお姉さんが教えてくれました。見てみると...なるほど‼お休み前には小さくて「あかちゃんキュウリ」と呼んでいたのが、グ~ンと大きく育っていました。

IMG_4371.JPG

IMG_4372.JPG

IMG_4377.JPG

「トマトさんは、どうかな~?」と、ミニトマトも見に行きます。

IMG_4379.JPG

IMG_4298.JPG

ミニトマトも実が増え、沢山連なっています!まあるい実が可愛くて、つい触りたくなります。でも、「お兄さん・お姉さんが大切に育てているお野菜だから、見るだけね。」...と、自分に言い聞かせるようにつぶやきながら、ジッと見つめる年少組のおともだちでした。
梅雨の晴れ間、お野菜を見たりダンゴムシ探しをしたり、砂場で山を作ったり...と、園庭で伸び伸びと過ごした朝でした。

IMG_4169.JPG

♪てるてるぼうず、てるぼうず、あした天気にしておくれ~

親子の日

今日は親子の日の集いを行いました。
感染対策のため学年ごとに分かれて、体操や親子ふれあい遊び・ルルド前でのお祈り・園庭でのサーキット運動...。

P1050195.JPG

P1050218.JPG

大好きなお父さんお母さんとふれあい、笑顔があふれます。

P1050191.JPG

ルルドでは、親子で一緒にお祈りを考えてお捧げしました。

IMG_4355.JPG

サーキットコーナー。サイコロの目の数、サーキットを回ります。多い子は6周‼「頑張って!」

IMG_2472.JPG

IMG_2433.JPG

青空の広がる、とても良いお天気に恵まれて、皆で楽しく過ごしました。
「もっとやりた~い!」の声が、沢山聞こえてきましたよ‼

マリア祭

カトリック教会では、5月31日を「聖母の訪問の祝日」(救い主の母となることを受諾したマリアが親類のエリザベトを訪問するエピソードに由来する)として祝います。
聖園幼稚園ではこの日に、聖母マリアと人間の関わりに心を向け、教会構内にある聖母マリアに関わりのある場所を巡礼し、祈りを捧げます。

P1050079.JPG

マリア祭の今日は、朝からあいにくの雨降り...。そのため、園庭やルルドの洞窟ではなく、地下聖堂から大聖堂へと続く道を巡礼しました。

P1050083.JPG

P1050086.JPG

地下聖堂では、神父様からマリア様についての話を聞きました。大聖堂では、保護者の方も一緒に集い、皆で共同祈願を捧げたり聖歌を歌ったりしました。

P1050090.JPG

P1050078.JPG

世界中の貧しい子どもたちや困っている人たちに、食べ物や飲み物のお恵みを分けてください。そして戦争で悲しんでいる人たちが、安心して暮らせる世界になりますように。
=年長組の共同祈願より=

子どもたちの祈りが天に届きますように♰

アサガオの種をまきました

水を含ませたガーゼにのせていたアサガオの種。
殻が割れてニョキっと根が出てきました。「じゅんびOK!」のサインです。
そこで今日は、年中組の子どもたちが種まきをしました。

IMG_8991.JPG

IMG_4267.JPG

土に穴を開けて種を入れます。
小さな種をなくさないように...と、みんな慎重です。

IMG_4273.JPG

IMG_4272.JPG

夏に向けてすくすくと育つために、忘れないで水やりをすることをお約束しました。
芽はいつ出るのかな?!何色のお花が咲くのかな?!楽しみですね。

「ありがとう」を伝えましょう

今日の宗話は、オデイロン神父様のお話でした。グループに分かれて隠されたカードを探すゲームをしました。ゲームでは2つの約束。走らないこと、大きい子は小さい子を守ること。
約束は守れるかな?

IMG_4246.JPG

見つけたカードには大切な言葉が書かれています。
「かみさま」「イエスさま」「マリアさま」「ヨゼフさま」「ありがとう」「ございます」

IMG_4249.JPG

言葉を繋げて皆で言ってみました。「かみさま ありがとう ございます」。
「ありがとう」と言葉にするごとに心が温かくなることを体験しました。
宗話の終わりに、お家に帰ったらお母さまやお父さまにも「ありがとう」の気持ちを伝えましょう...との約束をしました。
宝探しゲーム...子どもたちの心に大切な宝が届いたようです。

かえるさん、おはよう‼

裏庭の清掃をしているとき、2匹のカエルが出てきました。
大きなカエルと少し小さなカエル。調べてみると、にほんヒキガエルのようでした。
観察できるように一時的にゲージに入れ、今朝、正門の前に置いてみました。

IMG_2320.JPG

みんなの目は、カエルに釘付け。
土に潜って顔だけ出すカエルと、興味深くのぞき込む子どもたちは、互いに見つめ合っているようでした。

P1050006.JPG

IMG_2327.JPG

その後、ゲージを廊下に移動すると、みんな前を通るたびにカエルに話しかけていました。
小さい組の子がゲージを揺らしたり叩いたりすると「ダメだよ、これは命なんだから。そぉ~っとね。」と諭す年長組のお兄さん。
小さな命を慈しむ心が受け継がれていきますように。

マリア祭に向けて

5月は「聖母月」といって、マリア様に心を向けてお祈りすることを大切にして過ごしています。
幼稚園でも、マリア様がお喜びになることが出来るように励んでいます。出来た時には、目に見える形で「お花」にして、その気持ちを表して飾っていきます。
年少組・年中組・年長組のそれぞれの「心の花束」。マリア祭が行われる頃には、きっと彩り豊かな華やかな花束になっていることでしょう‼

P1040939.JPG
P1040942.JPG
P1040936.JPG
P1040920.JPG
P1040921.JPG

「祝福」ってどんなこと?

宗話の時間に『アヴェ・マリアの祈り』の中の、「祝福」という言葉についての話を聞きました。

「祝福ってどんなことだと思う?」という神父様の問いに、年長組の子どもが答えました。「しあわせ?」「守られているってこと?」。
...神父様は続けてお話しくださいました。「そうだね、とても近いです。わかりやすく言うと、祝福というのは、'おめでとう'と伝えることです。例えば、誕生日に友達から'おめでとう'と言われると、とても嬉しい気持ちになりますね。...(中略)...嬉しい気持ちになる、良い言葉を伝えあいながら、互いに祝福しあいながら、心が豊かになっていきたいですね...。」

お話の途中、子どもたちの席から「...マリアさまのこころ それは あおぞら...♪」と口ずさむ声が聞こえてきました。
偶然でしょうか?目には見えないところで、マリア様が子どもたちを見守り、微笑んでいてくださったのかもしれませんね。

P1040944.JPG

=アヴェ・マリアの祈り=
アヴェ・マリア めぐみにみちたかた、
主は あなたと ともにおられます。
あなたは おんなのうちで 祝福され、
ごたいないの おんこイエスも 祝福されています。
神の母 聖マリア、わたしたち つみびとのために
今も死をむかえるときも おいのりください。
アーメン

♪みんなでリズム遊び

皆でホールに集まって、学年を超えて異なるクラスのお友達と一緒に遊びました。幼稚園では縦割り保育と言っています。
初めての縦割り保育では、グループ作りと自己紹介。
その後「♪むすんでひらいて」の曲に合わせて、グループのお友達と手をつないで、リズム遊びを楽しみました。始めは緊張したり恥ずかしそうにしていた子も、だんだんと気持ちが解れていったようです。
また一緒に遊ぼうね‼ (5/9記)
IMG_2305.JPG

IMG_2304.JPG

IMG_2301.JPG

マリアさま、こんにちは‼

今日はルルドのマリア様のところで、みんなで朝のお祈りをしました。
年少組の子ども達は教会の構内をお散歩するのは初めて。
年長組のお兄さん・お姉さんに手をつないでもらい一緒に歩いて行きました。
新しいお友達との出会いを、マリア様もお喜びになっているようです!

P1040901.JPG

P1040909.JPG

P1040902.JPG

カトリック教会では、5月を「聖母月」といって、聖母マリアに心を向けてお祈りすることを大切にしています。

はじめてのおべんとう(年少組)

今日から、年少組の子どもたちもお弁当を持って登園しました。
はじめてのお弁当は、食べやすい小さなおにぎり。みんなで楽しくいただきました。今日一日で、食事の準備・おいのり・片付け...など、いろいろなことを覚えました。
段々と幼稚園生活に慣れてきたので、年少組も、連休明けからは年長組・年中組と同じ午後までの保育になっていきます。
P1040887.JPGIMG_2246.JPG

こいのぼり制作

5月のこどもの日を前に、こいのぼりの制作を始めました

IMG_3964.JPG
年少組は、思い思いにシールを貼ってウロコを表現。

IMG_4153.JPG
年中組は、目やウロコを切り貼りしています。

IMG_4069.JPG
年長組は、グループ活動。グループ毎に大きなこいのぼりを作っています。友達と相談しながら、色やデザインを考えました。
完成が楽しみです‼

神様のお話を聞きました

聖園幼稚園の子供たちは、正門のマリア様に、朝と帰りにお祈りを捧げています。今日は、教会の地下聖堂に集まって、ホルヘ神父にお話をしていただきました。年間を通して、隣接する関口教会やカトリック東京大司教区所属の神父様に、神様のお話を聞かせていただきます。宗話と言います。
4月5月は、マリア様について色々なお話を聞かせていただきます。5月のマリア祭までの期間に、マリア様について学びます。第1回目は、アベマリアの祈りについてのお話でした。

P1040759.JPGP1040762.JPGP1040757.JPG

入園式

令和4年度の入園式を4月7日に行いました。
お天気に恵まれ、桜の残りの花びらが舞っていました。入園前の準備期間は緊急事態宣言中だったり蔓延防止の措置期間だったりして、「幼稚園に多少は馴染んでいる」という状態ではありませんでした。まさに、今日から始まるという1日です。
 関口教会の広いホールで入園式です。カトリック東京大司教区の菊地大司教からのメッセージ「幼稚園には、お庭で遊んだり、歌を歌ったり、絵を描いたり、楽しいことがたくさんあります」と高木神父が読んでくださいました。そして、聖園幼稚園で大切にしている「光の子供になりましょう。素直な子供になりましょう。誰とでも仲良くできる子になりましょう」を目当てにして、毎日マリア様にお祈りすることを約束しました。
 聖園幼稚園の正門のマリア様の周りには、いま1月に植えたチューリップが咲き誇って、新入生を迎えてくれます。P1040638.JPGP1040642.JPGP1040647.JPGP1040650.JPGP1040653.JPGP1040672.JPG

令和4年度を迎えます

4月になって暖かい日が続きました。園庭や教会敷地内の桜が一斉に開きました。

昨年度、年少組が育てていたチューリップも花を咲かせています、桜は、残念ながらその後の数日の雨や寒の戻りや強風で、あっという間に花びらが散ってしまいました。

しかし、木々の芽吹きは、新入園児や進級した子どもたちを迎える準備をしています。P1040619.JPG

令和3年度 学校評価について

令和3年11月に、教員8名に対して2021年度の教育活動の重点目標をもとに自己評価を実施しました。また12月に保護者アンケート(回収率90%)を実施し増した。これらの結果を踏まえて、令和4年2月16日に学校関係者評価(保護者代表4名、幼稚園代表2名)を実施しました。

○2021年度の5つの重点目標をもとに自己評価を行い、振り返りをした。
⒈重点項目
目標項目(重 点 施 策)
○遊びの充実(学ぶ力)
・自発的な遊びを援助し、その子を取り巻く集団の様々な成長を促す
・熱中し、集中し、こだわって遊び込む経験ができるようにする
・行事毎に使用頻度の高い語彙を増やす
○生活力の充実
・一人でできること、みんなでできることを成長の時期ごとに明らかにし、共通の視点で指導にあたる。
・みんなのために「良いこと」を行う機会を増やし、取り組ませる。
○教育力の充実
・子供の成長の見取りを可視化する方法を模索する。
・遊びの発展の方策について研修する。
・学校評価の前提となる自己評価を行い、園としての強み、改善点の抽出を行う。
○教育環境整備
・保育室環境の整備を、使用頻度の観点から進める。
・公的基準に則った安心・安全の点検を進める。
・個人に還元する教材等を精選し、教育活動そのものを高める教材を増やす。
・園庭の改造計画を検討し、第1段階の実施を進める。

⒉自己評価の総合振り返り
・聖園幼稚園の存在意義については、重要な事柄と認識し、東京大司教区と連携し「神様と人に愛される」人を育てる教育を進めようと努力している。一方で、幼稚園内でのみ完結してしまう面もあり、一歩ずつ社会貢献・地域貢献・S D Gsを進めていく必要も感じている。
・その日の保育の様子をボードや口頭で説明したり、年2回の面談で子供の様子を伝えたりしており、この点については保護者との信頼関係は取れていると感じている。日常の保育の様子を記録し振り返ることも行なっており、子供との信頼関係の構築に努力している。
・コロナ禍ということもあり、従来行われていた教員を対象とした研修が激減している。園内での研修も長時間にわたる集まりを避けているため、効果的な研修が実施されていない。一方、教員個々の興味関心・スキルアップのためのリモートによる研修には参加できており、情報の共有もできているが、同じ内容・関心・成果を共感を持って取り組めていない。来年度の大きな改善目標となる。
・リスク管理に関しては、年間3回の訓練を実施しているが、警察や消防と連携して実践的な訓練(教員に対して)を計画する。防犯に関しての情報が不足していると感じている。

⒊保護者アンケートの結果から
・最も良いレベル、良い・ほぼ良いレベルが合わせて8割を超えている項目(17/21)は、支持されていると捉えることができる。一方、最もよくないレベル(2/21)は、喫緊の課題として対応する。
・コロナ禍での活動制限などを加味して考えると教育活動全般については、概ね支持されている。
・保護者が園に足を運ぶ機会の制限もあり、活動の様子がもっと伝えられるよう情報提供の方法について改善すべきとの指摘があり、22年度の課題とする。
・預かりの利用方法については、利用申し込み等のあり方について改善すべきとの指摘があり、22年度の課題とする。
・子供にとって、幼稚園の施設が十分でないとの指摘がある。改善すべき課題も把握しているが、踏み出せない状況がある。来年度から中期計画を検討する。

4.学校関係者評価について
・自己評価による教員の課題の捉え方は、評価できる。
・コロナ禍という条件の中で、子どもを中心とした教育活動が行われていた。
・保護者は、色々な制限のもと、実際の教育活動の様子がうかがえる情報が少しでも多くあることを期待しているので、この点はさらに効果的な、安心できる情報提供を進める。
・デジタルの情報提供も進んできたが、行事関連、保護者が関わる事柄など、もう少しタイムリーで詳細な情報が提供されていても良い。
・環境整備などに保護者ボランティアとして関われるようにする。


豆まき

節分です。どんな鬼を追い出すのか、その学年なりに考えて「鬼は〜外〜!」と豆まきです。

年少は、自分で作った鬼のお面をどうしてもかぶりたくなります。自分で作った鬼は「良い鬼」で、みんなで作った豆まき用の鬼は「悪い鬼」という位置付けのようです。年中や年長はみんなで作った鬼に向かって「鬼は〜外〜!」。年長の鬼は、形も色も顔も角も鬼のパンツの模様もそれぞれで相談して作りました。まいた豆は、新聞紙を丸めたもの。本物の豆は、お土産です。

世界子ども助け合いの日

1月30日は、「世界子ども助け合いの日」の祈りが捧げられます。そこで、幼稚園では「世界の子供たちがみんな幸せでいられますように」と願いを込めて塗り絵を仕上げ、菊地大司教にお渡ししました。「わかち合う心はたからもの」が2022年のテーマです。

https://www.cbcj.catholic.jp/

 

令和4年1月の様子

雪の朝からスタートした1月です。コロナ感染を気にしながら、久しぶりの友達との生活が始まりました。

 

お正月ならではの遊びが始まりました。こままわし、カルタ、年賀状交換を真似た郵便屋さんごっこが始まりました。1月の誕生会では、伝統芸能(南京玉すだれ、皿回し)が保護者祖父によって披露されました。今月後半は、節分の準備も始まりました。

 

 

パイプオルガン鑑賞会

12月13日、オルガニストの方をお招きして、パイプオルガン鑑賞会を行いました。

大聖堂に響くオルガンの音、祈りの音楽に触れる貴重な機会となりました。

オルガン名曲、クリスマス曲…

その他、幼稚園の園歌やクリスマスに向けてみんなで練習している聖歌「♪天(あめ)のみつかいの」等を、

パイプオルガンの伴奏に合わせて歌いました。

 

〈プログラム〉

=オルガン名曲=

マニフィカト マリア讃歌 (J‐F.ダンドリュー)

カノン (J.パッへルベル)

トッカータとフーガ ニ短調BWV565 (J.Sバッハ)

=オルガンで歌おう= 

♪聖園園歌 

♪あめのみつかい

=クリスマス曲=

ノエルによるラプソディー (E.ジグー)

しずけき (Ⅾ.クロンプ)

もろびとこぞりて (D.ラスキー)

クリスマスの集い

12月10日、聖マリア大聖堂でクリスマスの集い(聖劇)を行いました。

1年前には「無観客」で実施しましたが、今年は保護者の参加も叶いました。

年長組の子ども達が「馬小屋」を作りました。

年少組は羊、年中組は羊飼いや星、年長組は博士・天使・大天使ガブリエル・ヨセフ様・マリア様…

ひとりひとり自分の役割をしっかりと演じ、

「福音=善い知らせ」のメッセンジャーとして、

クリスマスの集いに来て下さった皆様にクリスマスの物語を伝えました。

クリスマス、おめでとうございます☆

七五三

聖マリア大聖堂で七五三の集いを行いました。感染症対策は継続していますが、保護者と一緒に、すくすくと育ったことに感謝の祈りを捧げました。

    「お恵みってなんでしょう」

  おめぐみってなんでしょう イエス様からいただいた

  みんなのじょうぶな そのからだ

  そうよ それがおめぐみよ

  おめぐみってなんでしょう マリア様からいただいた

  みんなのきれいな そのこころ

  そうよ それがおめぐみよ

心を合わせて 聖歌を歌いました。そして、神父様から祝福をいただきました。

おいもほり

園庭の日当たりの良い場所に、さつまいもを植えていました。広い場所ではありませんが、さつまいもの収穫を楽しみに、毎日朝も帰りも見ていました。いよいよ、今日収穫です。もちろん「うんとこしょ、どっこいしょ」の掛け声も。子供たちがびっくりするくらいの立派なお芋が取れました。さつまいもの蔓は、リースに変身することになります。リースの下拵えもしました。収穫したお芋は、最初にマリア様に見ていただきました。

 

 

遠足

秋の遠足に行きました。幼稚園から歩いて行きました。すぐそばの公園とバス停2つ分のところにある運動公園で、遊んだりどんぐりを拾ったりしました。、そして普段は入ることができない特別な場所、和敬塾の庭をお借りしてお弁当。「空が真っ青だね」「空が高いね」「どんぐりがいっぱいあるね」「綺麗な葉っぱがあるね」「赤とんぼがいっぱい」など、たくさん秋を見つけました。秋の1日を満喫しました。

運動会を年長が支えます

10月16日に運動会を行いました。コロナ感染症関連の数字、緊急事態宣言終了後の様子に配慮して、教会のホール(ケルンホール)で行いました。青空のもとでとはいきませんが、学年毎の競技をみんなで応援しました。運動会の運営は年長組の役目です。自分が担当する学年の練習にも、係として参加しました。ほとんど自分の座席に座っていない活躍です。年長の「意気に感じる」姿勢も素晴らしいものでした。保護者1名限定の観客でしたが、目の前で真剣に競走したり演技したりする様子を見ていただくこともできました。

夏期保育

年長組の夏期保育を行いました(8/30~8/31)

夏期保育では草木染めの体験をしました。

一学期から、お庭の植物を観察したり図鑑で調べたりしながら準備を重ねてきました。

さて、夏期保育当日…

園庭で植物の収集、細かくちぎってお湯で煮出して、布を浸しました。

200グラムの葉っぱや小枝

細かくちぎったら、ネットに入れてお湯で煮出します

「なかなか煮えないね。」「歌を歌おうよ!」

みんなで念力もおくりました!

「煮えた!」「色が出てきたね~。」

ミョウバン水で色止めをして干しました。

どんな模様になったかな~。開くのが楽しみです。

*感染症対策で、クラスを2グループに分けて夏期保育を行いました。

親子の日

「近隣の公園にみんなで行って、親子で楽しく遊ぼう」という当初の計画は、この状況下では変更せざるを得ません。そこで、クラス毎に時間差を設けて、親子で幼稚園の中で楽しく遊ぶ日を設けました。残念ながら、たっぷり時間があって遊ぶということはできませんでしたが、良い天気に恵まれてホールでも外でも体を動かすことができました。園庭のサーキットは、スタートするときにくじ引きをします。引いた数を親子でたして、その回数を行うことになりました。最大で6回ですが、かなりハードです。ルルドの前では、それぞれお祈りを考えて、親子でお祈りをしました。

 

マリア祭

5月はカトリック教会では「聖母マリアの月」です。聖園幼稚園でもこれにならって「マリア祭」を行います。昨年は実施できませんでした。1年ぶりの「マリア祭」です。

聖母マリアと私たちとの関わりに心を向け、構内にある5つあるマリア様に関わる場所のうち3つを「巡礼」します。年長組が年少組の手を引いて歩きます。年中組は手を合わせ列に加わります。ホルヘ神父から、それぞれのマリア様についてお話を聞きました。

・たえざるお助けの聖母

・ルルドの聖母

・無原罪の聖母

最後に、東京カテドラル聖マリア大聖堂で、保護者も一緒に祈りを捧げました。

 

 

散歩

年長と年中とで、すぐそばの目白台運動公園に散歩に行きました。今日は、大きなグラウンドが自由に使える日だったので、思いっきり広がって走り回ったり、クラス対抗のゲームをしたりしました。私たち以外にも、いくつもの保育園や幼稚園が散歩に来ていました。子供たちは、お互いに自然に「こんにちは」「バイバイ」などを挨拶を交わしていました。今日のお天気のように、気持ちの良いひとときでした。帰る頃、太陽の周りに大きな輪がかかっていました。「虹かなあ?」気がついた子のつぶやきが、隣から隣へ広がっていきました。

子どもの日のお祝い

こいのぼり製作

子どもの日に因んで、こいのぼりの制作をしました。

年長組はグループで話し合いながら大きなこいのぼりを作りました。

幼稚園のお庭で気持ちよさそうに泳いでいます!

年中組は、はさみやのりで切り貼りしながら鱗を貼っていきました。

年少組は、シールをペタペタ貼りました。

みんなが健やかに成長しますように…。

 

 

鯉のぼり

「屋根より高い鯉のぼり」とはいきませんが、大聖堂の屋根をバックに鯉のぼりが泳いでいます。少し汗ばむくらいのお天気です。清々しい青空に誘われて、子供たちの歓声が響きます。

各クラスでは、それぞれオリジナルの鯉のぼり作りが始まっています。

 

年長だけの1日

3月になると、年長は卒園の準備を始めます。その前に1日、年長だけ登園してみんなで遊ぶ日があります。何をして遊ぶかを相談しました。プログラムは盛りだくさん。

・かくれんぼ・・・隠れている先生を見つけます。

・追い出しゲーム・・・逃げる子と追いかける鬼。逃る子は友達にタッチして交代します。

・しっぽとりゲーム・・・2チームに分かれてしっぽとりをします。

・ドッジボール・・・1回戦はボール1個、2回戦はボール2個でします。

・近くの江戸川公園に遊びにいきます。

曇り空のちょっと寒い日でしたが、思う存分動き回って汗ばむくらいでした。みんなで遊ぶのは、とっても楽しいことだと改めて思った1日でした。

124年ぶり2月2日の節分

今週までは、クラスを2グループに分けて隔日登園です。124年ぶり22日の節分も、半分のメンバーで行いました。年長は、今日登園しない子供たちと幼稚園とをリモートでむすび豆まきをしました。幼稚園に登園している子供たちが「鬼」役で、画面の向こう側にいる子たちが「豆まき」役です。画面の向こう側からの「鬼は外!」ですが、臨場感は今一歩。しかし、3学期始まって初めて顔を合わせることができて、大満足です。画面の向こう側からは、「みんなに会えて嬉しいな」「お母さんが見ているから恥ずかしくて、大きな声が出せないよ」「豆まきすぎて、家中が豆だらけ」等々聞こえてきました。

郵便ごっこ 

みんな元気かな

Aグループ・Bグループに分かれての分散登園。

「げんきかな?」「なにしてあそんでいたの?」と大好きなお友達のことが気になる様子。

そこで、お友達に手紙を描くことにしました。描いた手紙は幼稚園のポストに入れます。

心を込めて描いた手紙…お友達と気持ちが繋がりますね。

 

 

 

3学期スタート

3学期が始まるとと同時に、2回目の緊急事態宣言となってしまいました。そこで、緊急事態宣言が終わるまでは、1クラスをAチーム、Bチームに分け交互に登園することとしました。静かなスタートですが、集まった仲間で楽しんでいます。感染防止対策をとりつつ、一人よりは二人、二人よりは四人といった関わりを楽しんで欲しいと思っています。お正月遊びも始まります。

 

 

クリスマスの集い

12月14日、聖マリア大聖堂に子供たちが集いました。クリスマスの集いです。天地創造からイエス様降誕までの「聖劇」をお捧げしました。新型コロナウイルス感染症対策として、今年は無観客で実施しました。しかし、子供たち一人一人は「神様が見ていてくださる」ことを感じて心を込めて演じました。

宗教講座

9月16日(水)宗教講座を行いました

宗教講座

保護者の皆さんを対象として宗教講座が開かれました。今年は、新型コロナ感染症対策のため、2学期になって初めての開催です。東京大司教区の高木神父に、聖園幼稚園に隣接している東京カテドラル聖マリア大聖堂の歴史や大聖堂、地下聖堂、納骨堂、鐘楼など、聖堂内を案内していただきました。地下聖堂の落ち着いた雰囲気や、大聖堂の荘厳な雰囲気の中で子供たちの情操が豊かに育つと感じ取ることができたひと時でした。

幼稚園のお庭で…

夏のお花、夏のお野菜たちが元気に育っています!

幼稚園のお庭では、おひさまの光を浴びて、

夏のお花・夏の野菜たちが元気に育っています。

おおきなパプリカ!!

黄色とオレンジ色になりました♪

にょきにょき…小さいアスパラが伸びてきました。(わかるかな?)

とうもろこしは、これ以上大きくならない様子なので(雨が続いたからかな?)収穫しました。

小さいトウモロコシはキバタンが食べました。おいしそう!!

そして…ひまわり。

こんなにキレイに咲きました!にこにこ笑っているみたいですね。

種が出来たらキバタンにあげましょうね。

 

たなばた

七夕飾りを作りました

七月七日の七夕にちなんで、七夕飾りをつくりました。

年少組は、星の吹き流し・短冊を飾りました。

年中組は、輪飾り・クルクル流れ星・短冊を飾りました。

年長組は、貝つづりなど…いくつかの立体的な七夕飾りを作りました。

みんなの願い事が、お空に届きますように!

 

 

 

 

年少組 戸外遊び

お庭デビューしました!

幼稚園生活が始まって3週間…

今日は幼稚園のお庭デビュー。お砂場や滑り台で楽しく遊びました。

はじめにお砂場遊びの約束を聞きました。お約束を守って遊べるかな。

「はやくあそびた~い!」

穴掘り、車、プリン作り…

滑り台も!!

また遊びましょうね。

6月3日(水)入園式

ようこそ、聖園幼稚園へ!

あたらしいお友だちをおむかえして、幼稚園生活が始まりました!

先生やお友だちと、たくさん遊びましょうね。

「みんなのことを、まいにち、まっていますよ!」

入園式では、菊地功大司教様がメッセージをくださいました。

入園式 お祝いの言葉

皆さん、入園おめでとうございます。

聖園幼稚園の先生たちは皆さんが大好きです。

幼稚園では、お庭で遊んだり、歌を歌ったり、絵を描いたり、

楽しいことがたくさんあります。

そして、すぐにお友達ができますよ。

皆さんが、毎日元気に幼稚園に来てくれることを願っています。

 

保護者の皆様、

お子様のご入園おめでとうございます。

聖園幼稚園は、神様と人を愛するカトリックの精神で、園長をはじめ先生たちが、お子様ひとりひとりの個性を大切にしながら成長を見守ります。

また、カトリック関口教会といたしましても、幼稚園と共に歩み支援してまいります。幼稚園に来られた時は、どうぞ教会にもお立ち寄りください。

お子様のご成長とご家族のお幸せを心からお祈りいたします。

カトリック東京大司教

タルチシオ 菊地 功

マリア祭

マリアさまにお祈りを...

聖園幼稚園では、例年5月の終わりに「マリア祭」を行っています。

今年は残念ながら皆さんとマリア祭を行う事は出来ませんが、今日、先生たちでマリア様にお祈りを捧げました。

新型コロナウイルス感染症によって困難な生活を強いられている方々、医療と看護に携わる方々、

世界中の子どもたち、特に聖園幼稚園の子ども・ご家族の皆さま...のことを思いながら。

動画を観ながら、皆さまも心を合わせてお祈りくださいね。

マリア祭2

 

 

 

マリアさまの心

「♪マリアさまの心」を歌いましょう!

カトリック教会では、5月を「聖母月」といって、

聖母マリアに心を向けてお祈りをすることを大切にしています。

聖園幼稚園では、5月に聖歌「♪マリアさまの心」を歌います。

お家で一緒に歌ってみてくださいね。

マリア様のこころ

 

 

 

卒園式

3月18日(水)卒園式

あたたかな春の日差しのなか卒園式が行なわれ、

年長組の子どもたちが立派に巣立っていきました。

東京カテドラル聖マリア大聖堂にて。

感謝の気持ちを込めてお花を捧げます。

園長先生からひとり一人に卒業証書が渡されました。

「ご卒園、おめでとうございます!」

日々の保育

自由遊びの風景より

先日の発表会の余韻を味わうかのように、お部屋でコンサートごっこが始まりました。

音楽に合わせて自由に表現。

「お客さんがいるといいね。」「呼んでくる!」

…いつの間にか、お部屋は大勢のお客さんで大賑わい。他学年のお友だちとの交流のひとときとなりました。

 

コンサートのお返しでしょうか?窓ガラスに貼り紙が!!「…しろばられすとらんへきてください まっています」

しろばら組(年長さん)からレストランのご招待のようです。

 

発表会

2月15日(土) 発表会

保護者の皆さまをお招きして発表会を行いました。

劇遊び、歌、合奏など…クラスで練習してきたことを、沢山のお客様の前でお披露目。

ひとり一人、自分らしく輝く姿を見せてくれました。

うさぎさんとくまさんが遊びに来て、手遊びや合奏をしました。

3匹のこぶたのお話を、音楽に合わせて演じました。

年中組は、絵本「ふゆじたくのおみせ」・「からすのやおやさん」の劇をしました。

年長組は、子どもたちが考えた創作劇。

学校生活への希望や期待が秘められているのでしょうか…

「おばけのがっこうと、3人のこどもたち」

みんなで協力して、おばけのがっこうからお友だちを救い出す…というストーリー。

みんな頑張りましたね!

 

 

 

日々の保育

豆まき 2/3

節分の豆まきをしました。

年少組は、鬼株式会社からお借りした(先生たちが作った)段ボールの鬼に豆まきを…、

年中組、年長組のお兄さん・お姉さんたちは、勇気をもって本物の鬼に豆まきをしました。

歳の数のお豆も皆で頂きましたよ。

「鬼は外!」「お豆だよ~!」

「鬼は外!福は内~!!」

「おいしいね。」「はじめてたべる~!」

 

 

 

 

 

節分に因んで、かわいい鬼のお弁当のお友だちもいましたよ。

芽がでたよ。

立春、春はすぐそこに…

日々の保育

はじめての、あきばこ制作 (年少組)

お家から持ってきた色々な大きさの箱を組み合わせて、思い思いの作品を作りました。

車、電車、きりん、ぞう、望遠鏡、プリンセスのお家…などなど。

また、遊びの世界が広がりましたね。

わぁ~!箱がいっぱい!!

これとこれと、これもつなげて…。何ができるかな?

ちょっと、おさえてて~。お友だちと協力する姿も見られました。

いっしょうけんめいです…

がんばっています…

みえる、みえる~!よくみえる~!!

また、作ろうね。

日々の保育

郵便屋さんごっこ

郵便屋さんごっこ。

大好きなお友だちや先生にお手紙をかくことを、

大好きなお友だちや先生からお手紙が届くことを、

毎日楽しみに待っています。

郵便屋さんは、年長組さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰に書こうかなぁ…

 

 

 

 

 

 

 

集配にきました!お手紙いっぱい…
 
スタンプ楽しいね!
 
待ってました!郵便配達!!
 
 
郵便屋さん、今日もお疲れさまです!!!

日々の保育

季節のあそび

あけましておめでとうございます!

3学期の保育が始まって2週間。

かるた、こま、すごろく、福笑い、はねつき、凧あげ…など、

この季節ならではの遊びを楽しんでいます!

手作りの凧で、たこあげ。

はねつきの練習。

お部屋では…福笑いやすごろく。

 

 

サンタさんがきてくれたよ!

12月16日 クリスマス会

楽しみにしていたクリスマス会を行いました。

先生たちは、ハンドベル演奏や歌と踊りを披露。

子どもたちは、みんなで「♪ジングルベル」の歌を歌ったり…と、楽しいひとときを過ごしました。

すると、遠くから鈴の音が聞こえてきて…。

サンタさん登場!!

幼稚園のお友だちみんなにプレゼントを届てくれました。

みんなからは、サンタさんにお歌のプレゼントをしました。

 

 

サンタさん、また来年も来てね!

 

 

 

クリスマスの集い

12月11日 クリスマスの集い

12月11日、東京カテドラル聖マリア大聖堂でクリスマスの集いが行なわれました。

クリスマスの集いは、キリスト生誕の聖劇と祈りのひとときとで構成され、

キリストを通して人間と出会おうとされる、神様の思いが聖劇の中で示されます。

神様の思いに答える祈りと決意が捧げられた時となりました。

大天使ガブリエルがマリア様に告げます。

「おめでとうマリア、神さまがあなたと共におられます…」

 

身重のマリア様はヨセフ様と旅に…。旅路の途中でイエス様がお生まれになりました。

 

天使の大群があらわれて、イエス様のお誕生を知らせます。

グローリア♪いと高きところには神に栄光、地には善意の人に平和あれ!

 

羊飼いに連れられて、羊たちがイエス様を拝みに行きました。

 

 

星たちも一層輝き、イエス様のお誕生を喜び祝います!

 

東の国の博士たちも、星の輝きを目指してイエス様がお生まれになった馬小屋へ…

ひとり一人の心の厩に、イエス様が来てくださいました。
イエスさま、おたんじょうおめでとうございます!
メリークリスマス!

七五三祝福式

七五三のお祝いをしました(11/15)

大聖堂で神父様に祝福のお祈りをしていただきました。

子どもたちの歌声とお祈りが聖堂に響きました。

♪ななつと いつつと みっつのこ

 おててをあわせて かみさまに 

 おねがいどっさり しちごさん・・・

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
子どもと保護者の願いを・・・神様へ届けます。
 
 

皆さんが健やかに成長しますように。

日々の保育

おばけやしきへ、ようこそ!

年長組さんがおばけやしきに招待してくれました。

いつものお部屋が・・・

 

 

 

受付でルール説明。

「怖くなったら、このお守りを出してください。これは、みんなを守ってくれる‘おまもり’です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばけ、スタンバイ中。

「いつでもお~い~で~」

 

 

ゆさゆさ、おばけ役、必死・・・

「きゃぁぁぁ~!おばけがでたぁ~!」

 

小さなおともだちのために、おまもりも用意してくれた年長組さん。

‘おまもりを出されたら、動かないこと’・・・というルールで、怖がりさんも一緒に楽しめました。

子どもたちの発想から始まり、2週間ほど続いた、おばけやしきの遊びでした。

季節も移り変わります。次はどんな遊びが展開されていくでしょう・・・楽しみですね。

 

日々の保育

おばけやしき

ある日、年少組さんのお部屋に、かわいいおばけが遊びに来ました。

そこから始まって、お部屋から廊下に続く道ができて、トンネルができて、迷路になって、

「おばけだぞ~!」と、おどかすお友だちがいて・・・。おばけのおめんを作って・・・。

いつの間にか、幼稚園におばけやしきができました。

大きい組の方では、壁から壁に伝う蜘蛛の巣を作っている様子。

子どもたちの発想に、先生たちの少しのエッセンスが加わって、日々遊びが発展していきます。

明日が、また楽しみですね!

秋の遠足

10月25日 遠足に行きました

秋の遠足はお芋掘りの予定でしたが、雨天のため、大宮の鉄道博物館へ行きました。

いろいろな電車の展示を見たり、乗ったり・・・楽しい時間を過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠足が終わって、その翌週、幼稚園のお部屋では・・・。

年中組さんが年少組のおともだちをお誘いして、お芋掘りごっこ。

お芋掘りごっこも楽しいね。

「いらっしゃいませ~!おいもは、いかがですか?」「一回、100えんですよ。」

「おいもがとれたら、あめがもらえますよ!」・・・など。子どもたちなりにいろいろ工夫しているようです。

 

 

日々の保育

秋の散策

今日は、みんなでご近所の公園まで散策に行きました。

坂をくだり、くねくね曲がり道・・・公園の池には大きな鳥、鯉、そして沢蟹!

どんぐり拾いもしましたよ。

お兄さん、お姉さんが手をつないでエスコートしてくれます。坂道てくてく・・・。

公園に到着!

「探検隊って感じ~!」「そうだね~!」「みんな~、だいじょうぶ?」

みんなの前で飛び立ちました。おもわず「わぉぉぉ・・・!「とんだ!」

 

 

 

 

 

うんどうかいごっこ

うんどうかいごっこ

先日の運動会の余韻を楽しんでいます!

今日は、年少組~年長組みんなが集まって、お互いに自分達のダンスを教えあって、うんどうかいごっこを楽しみました。

憧れのパラバルーン!
年長さんになったら・・・ね。おたのしみに。

「わぁ~、ふうせんみたいだよ!」!

年中さんのダンスをみんなで。
 「♪どきどき わくわく したくなったなら~」「♪はなさく えがおで~!」

 

ちびゴジラあらわる。年少さんの競技を、年長さんが盛り上げてくれました。

みんなで一緒、たのしいね!

日々の保育

絵の具遊びをしました(9/20)

年少組の皆で絵の具遊びをしました。

最初は指でちょんちょん・・・とスタンプ、次は手のひらでぐるんぐるんと・・・

だんだん慣れてくると、体全体を使ってダイナミックに楽しむ様子が見られました。

 

気持ちの良い秋晴れ・・・今日のお弁当はお庭でいただきました。(ピクニックみたい!)

午後は、テントや電車、色塗りをしたダンボールでお家を作るなど、思い思いの遊びを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

色塗りしたダンボールがお家に変身!

今日も、笑顔いっぱいの一日でした!

みんなでお散歩

目白台運動公園へお散歩にいきました (6/14)

近くの公園へお散歩に行きました。

草すべりや、森の中の散策、楽しかったね。

 

 

「一緒にすべろうよ!」

 

 

 

 

 

 

「せんせい、はや~い!」

 

 

 

 

 

 

「かくれんぼ、しよう!」

 

 

「この道、どこまで続くかな?」「みんなで行ってみよう!」

「楽しかったね。また来ようね。」

 

泥んこ遊び

きもちいいね!

早くも、夏のように暑い毎日。

園庭では、泥んこ遊びも始まりました。

 

 

初めての泥んこ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は、お砂場に足をのせられなかった小さなおともだちも、

泥んこの感触を楽しめるようになりました!

 

 

 

 

 

 

 

年長組さんは、いろいろと工夫しながら遊びを楽しんでいる様子が見られます。

「どうしたら、お水が流れるかなあ・・・。」「トンネルつくろうよ!」

遊びを通して、いろいろなことを考え、発見し、学んでいきます。

 

お散歩

教会のお散歩をしました

今日、年少組さんは教会構内のお散歩をしました。

花道を通って、ルルドや聖堂へ。

教会の聖堂では、お祈りの姿勢を教えてもらいました。

「マリアさま、ニコってわらった?」

「そうね、みんなが会いに来てくれて喜んでくださったのね。」

今週末はマリア祭。心の花束もだんだんお花が増えてきましたよ。

 

 

春の遠足

5/23 代々木公園へ遠足に行きました!

吹く風が心地良い、爽やかな1日。

触れ合い遊び,オリエンテーリングなどを通して、皆で親睦を深めました。

広い公園で伸び伸びと体を動かして、特別なひとときになりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遠足のお楽しみと言えば・・・お弁当、そしておやつの時間。
 
「♪かってうれしい 花いちもんめ・・・」と、わらべ歌遊び。懐かしい歌遊びにお母さま方も夢中でした。
「♪いろはにこんぺいとう・・・」と、ゴム跳びもしました。
 
♪マリアさまの心 それは青空 わたしたちを守る 広い青空・・・マリアさまの歌を思い出します。
広い空、青い空、気持ち良いね!!
 
 

5月誕生会

5月誕生会

今日は、5月生まれのおともだちの誕生会。

みんなでホールに集まってお祝いしました。

5月生まれのおともだちは11人。おめでとうございます!

年長組のお兄さん・お姉さんが、聖歌「あめのきさき」と、アヴェ・マリアの祈りを教えてくれましたよ。

心の花束

マリアさまへのささげもの

カトリック教会では、5月を「聖母月」と言い、聖母マリアに心を向けてお祈りすることを大切に過ごします。

幼稚園でも、マリアさまがお喜びになる行いやお祈りをお捧げすることを、子どもたちに呼びかけています。

マリア様がお喜びになることが出来た時、お花を貼ります。

 

「マリアさま、お花をどうぞ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

たくさん咲かせたいね。心の花束。

「アベマリアの祈り」
アベマリア 恵みに満ちた方、
主はあなたと共におられます。
あなたは 女のうちで祝福され、
ご胎内の御子 イエスも祝福されています。
神の母 聖マリア、
私たち罪びとのために、
今も死を迎えるときも、お祈りください。

五月晴れの朝に・・・

ぼくたちのこいのぼり!

年長組のみんなが作ったこいのぼりが、空を悠々と泳いでいます。

みんなの夢や希望、

うれしいこと、たのしいこと、こまっていること・・・いろいろな思いを、

天にまで引き上げてくれているようです。

「わぁ~、きれい!」と、子どもたちは大喜び。

こどもの日祝い

♪ やねより たかい こいのぼり

「きょうも およいでるね。」「きもちよさそう!」

「おみずがなくても およげるの?」

・・・こいのぼりを見上げながら、こどもたちのおはなし。

今日は、5月5日のこどもの日にちなんで、こどもの日のお祝いをしました。

五月人形を見てこどもの日のお話を聞き、「こいのぼり」の歌を元気に歌いました。

 

 一生懸命に作ったこいのぼりも、お家へ持ち帰りました。

 

年少さんは、指スタンプ。

 

 

 

 

 

年中さんは、はさみ・のりを使ってチョキチョキペッタン。

 

 

 

 

 

 

年長さんは、染め紙で、うろこを表現しました。クラスみんなで共同作品です。

 

 

 

 

いろいろなことが出来るようになりましたね。これからも、皆が健やかに育ちますように!

 

誕生会

4月誕生会

今日は、4月生まれのおともだちの誕生会。

お家の方を招いて、お祝いの集まりをしました。

歌を歌ったり、先生達の楽しい出し物・・・

それから、年長組さんからも、サプライズで歌遊びのプレゼント。

ひとつ大きくなったことを、皆で喜び祝いました。

お誕生、おめでとうございます!

 

♪うまれるまえから かみさまに 

 まもられてきた ともだちの

 たんじょうびです おめでとう

♪うまれてきょうまで みんなから 

 あいされてきた ともだちの

 たんじょうびです おめでとう

なす・とまと・えだまめ・おくら

夏野菜の苗を植えました!

年長組さんが、夏野菜の苗を植えました。

プランターに苗を並べて、ふんわりやわらかに土をかぶせます。

そしてお水をかけます。

自然と苗に語りかける子どもたち・・・。

「ほ~ら、おみずだよ。おおきくなあれ。」「おおきくなあれ。」

お野菜たちも、きっと喜んでいることでしょう。

 

 

4月11日(木)入園式

ようこそ、聖園幼稚園へ!

今日は入園式。かわいいお友だちをおむかえしました。ようこそ、聖園幼稚園へ!   

「みんなのことを、まいにち、まっていますよ。 またあした!」                   

♪ 楽しい春に 神さまの お庭にはえた 小さなふたば
  守護の天使に 守られて すくすく伸びる みそののこ
 
♪ お日さま にこにこ 鳥うたう みどりの丘に ばら・ゆり・すみれ
  色美しく 香りよく そろって咲こう みそののこ
 
                  (聖園幼稚園 園歌より)

発表会

2月23日(土)発表会が行なわれました。

インフルエンザによる園閉鎖などがあり、

例年より練習量が少ない中,行なわれた発表会でした。

心配する職員達を尻目に、

子ども達は見事に自分達の役割を演じきりました。

子ども達のやりきった、満足そうな笑顔が印象的でした。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスの集い

クリスマスの集いが行われました 

12月12日午前、東京カテドラル聖マリア大聖堂で、

クリスマスの集いが行なわれました。

前半はキリスト生誕の聖劇、

後半は祈りをささげる時間です。

キリストを通して人間と出会おうとされる神の思いが

聖劇の中で示され、この思いに応える祈りと決意が

ささげられた時となりました。

 

 

 

 

 

焼き芋

12月7日焼き芋をしました

芋掘りのお芋で、焼き芋をしました。

自分たちでお芋をきれいに洗い、

火の番をしてくださっている園長先生のところへ

お芋を持っていきます。

焼けたての熱々のお芋を、美味しそうに食べる子どもたち。

「おいしいね!」「おかわりありますか?」

自分たちで掘った焼き芋の味は格別だったことでしょう。

焼き芋に御協力頂いた西川神父様も保育室に来てくださいました。

母の会主催の講演会

10月30日(火)母の会主催の講演会が開かれました。

母の会主催の講演会が行なわれました。

講師は、シスター景山あき子(援助修道会会員)、

テーマは「たからもの」でした。

シスター景山は、子どもの宗教教育に永年携わってこられた方です。

ご自分の経験を踏まえ、子どもの考え方、

行動の背景にあるやさしさを大人が見守る大切さを強調されていました。

 

 

お芋堀り遠足

10月16日お芋堀り遠足に行きました。

みんなが楽しみにしていたお芋掘り遠足に行きました。

お天気の心配もありましたが、当日はお芋掘り日和。

年長組は、子ども達だけで。

年少と年中はお母さんと一緒に。

秋の空気を感じながら

お芋堀りを楽しむことが出来ました。

お子さんから、お芋堀りのお話を聞きながら

ご家族でお芋を食べられたことでしょう。

掘ったお芋は、後日保育の中でも頂く予定ですので

お楽しみに!

 
こんなに大きいお芋が掘れました!
 

9月14日(金)敬老の日の祝い

おじいちゃま・おばあちゃまと過ごしました。

大好きなおじいちゃま・おばあちゃまを

幼稚園にお招きしました。

子ども達は大喜びです。

たくさん甘えたりと、

いつもとは違った子ども達の様子も見られました。

お歌のプレゼントやふれあい活動、

楽しんでいただけたでしょうか。

是非また遊びにいらしてください。

お泊り保育(年長組)

お泊まり保育をしました(7月18日・19日)

楽しみにしていたお泊まり保育が開催されました。

カレー作りにスイカ割り、夜の花火大会。

お家の方と離れて、お友だちと一緒に過ごした特別な2日間。

楽しい思い出がたくさん出来たのではないでしょうか。

 

えいや!割れるかな~?

どんな夢を見ているのでしょうか。。
朝ごはんのおにぎり。みんなで食べると美味しいね。
 

お買い物(年長組)

カレーの材料を買いに行きました(年長組)

楽しみにしているお泊まり保育に向けて、
ご近所のスーパーにカレーの材料を買いに行きました。
お買い物メモを見ながら、これかな?あれかな?と
迷いながらも、見事にお買い物成功!!
無事に支払いを済ませ、
幼稚園まで大切に食材を持ち帰りました。
重たいお米の袋を持って帰ってきた
頼もしいこどもの姿も見られました。
暑い中お疲れ様でした!
 
 

二十日大根の収穫

二十日大根の収穫(年長組)

年長さんたちの植えた夏野菜の収穫が続きます。

今回は二十日大根の収穫です。

薄くスライスして生のままいただいたり、

お味噌汁の具としていただきました。

自分達で大切に育て、収穫した野菜の味は

格別だったのではないでしょうか。

    

日々の保育

  外あそび

お天気の良い日は園庭から

元気な子ども達の声が聞こえてきます。

「いらっしゃいませ~」「ジュースくださ~い」

色水のジュース屋さんは大盛況です。

裸足で砂場あそび。
何ができるのかな?
 
砂場に大きな川が!大作です!

年少組さんは木陰でひと休み。。

そして。。

彼らの熱い視線の先には。。 

だんごむし!

 

マリア祭

5月31日マリア祭

聖母月最後の日、マリア祭が行われました。

園児と保護者と保育者が、マリア様と私たちとの関わりに心を向けて、

行列しながらお祈りをしました。

年長組の女の子の花かざり、男の子の胸元のリボンが

とても素敵でした。

母の日の製作

大好きなお母さんへ

大好きな大好きなお母さんに

母の日の贈り物を作りました。

いつもありがとう。

大好きなお母さんを思い出しながら、
チョキチョキ・ペタペタ。。
                     お母さん喜んでくれるかなあ。。
とっても素敵な作品に仕上がりそうです。
小さな手で
お母さんを思いながら
一生懸命作りました。

作品展 11月22日・23日

運動会・芋掘り遠足と続き、慌ただしく作品展を迎えました。

年少→光と影  年中→大きな森がありました  年長→上へ上へ下へ下へ

という学年別のテーマで作品作りに励みました。


22日は園児だけで他のクラスを見学しました。
23日は保護者に自分の作品の説明をして
見ていただき、誇らしげで、大満足でした。